FC2ブログ

メンタルサロン トーチ

メンタルサロン トーチでは、電話・スカイプ・チャット・面談でのメンタルケアカウンセリングを承っております。ジャンルは問いません。どんなことでもお話ください。クライエント様のこころに寄り添い、受けとめて参ります。

だれも知らない小さな国 

20161215a20161214a


「二十年近い前のことだから、もうむかしといってもいいかもしれない。ぼくはまだ小学校の三年生だった。」

という書き出しを、懐かしく思い出される方もいらっしゃると思います。
作者の佐藤さとる氏は1928年生まれ。日本を代表する児童文学作家です。
「だれも知らない小さな国」は佐藤氏の代表シリーズ「コロボックル物語」の第1巻として、
1959年に発表されました。日本初のファンタジー小説と言われています。
佐藤氏はこの作品で国際アンデルセン国内賞・毎日出版文化賞を受賞され、
以来50年以上に渡って読み継がれている児童文学の傑作です。

佐藤氏は児童文学について、「ぼくはね、児童文学というのは子どもにも理解と鑑賞ができるように配慮した文学形式、と定義している。」とインタビューで述べられています。出版社の自己規制で小学校までの漢字しか使えなかったとしても、緻密さやリアリティを大事にすることで、読者の年齢を問わない魅力的な虚構世界を作り出されています。
そしてイラストは村上勉氏。50年以上、佐藤氏とタッグを組んで素敵なイラストを描かれています。

佐藤氏の発表したシリーズは5巻までですが、なんと昔からシリーズの大ファンだという作家の有川浩氏が続編を担当されることになり、2015年に続編第1巻が刊行されています(シリーズのファンにはニヤリとさせられる書き出しです)。

だれも知らない小さな国の人々は、いつでもきっとあなたの見方になってくれますよ。

コロボックル物語 特設ページ
スポンサーサイト

中原淳一の人形 

nakahara1nakahara2



中原淳一(1913年 - 1983年)は、昭和初期から昭和40年代にかけて一世を風靡した画家、
ファッションデザイナー、編集者、イラストレーター、人形作家です。

戦前から戦後にかけてのつらい時代は、少女たちにとっても夢を忘れがちな時代でした。
そのとき彼は、暮しもファッションも心も「美しくあれ」と幸せに生きる道筋を示し、
当時の少女から大人の女性にとっての心のよりどころとなっていました。

画家や編集者としての功績が良く知られていますが、
実は19歳のときに銀座松屋で開催されたフランス人形の個展が、彼のデビューでした。
今回ご紹介する作品は、彼が病気療養中に制作した、男の人形たちです。
右の作品タイトルは「三人のスリ」というもので、
シャンソンの同名曲をモチーフに作られました。



ラッシュアワーの人込みを スリが三人歩いてた

スリはスリゆえ悲しくて スリはスリゆえ悲しくて

柳落ち葉をふみながら ふみながら…

(作詞 勝承夫)



療養中の彼は、自分の古着や薬の薬包紙、散歩途中に拾った木の枝などを用いて
美しい男の人形を作り続けました。
新しく買った材料は何もなかったそうです。
売るためではなく、あくまでも自分自身のために。
闘病の中、溢れ出る創作意欲を注ぎ込みました。

ぜひ彼のホームページをご訪問いただき、彼に会ってください。
彼の優しい気持ちに触れて見て下さい。
女性はもとより、むしろ現代の男性にこそ彼の気持ちに触れて欲しいと思います。


中原淳一ホームページ
http://www.junichi-nakahara.com/






今月のおすすめ曲 

maki2maki1


空へ
カルメン・マキ&OZ


ぼんやりと 浮かんだ雲のように
さまよいたいと 思った頃から
遠くささやく おまえの声が
いつも 私を ささえた
いつかはきっと おまえのように
飛んでみせるよ 私も


またまた更新間隔が空いてしまいました。
本日のご紹介は、日本の誇る女性ハードロッカー、カルメン・マキです。
といっても20代以下の方にはピンと来ないかもしれませんね。

彼女は1951年、アメリカ人の父と日本人の母の間に生まれました。
17歳のとき、寺山修司の劇団「天井桟敷」に入団、妖艶な魅力と妖精のようなルックスがレコード会社の目にとまり、同じく17歳で歌手デビューします。
そして70年代に入り、ロックに転向。日本のロックを牽引していきます。

「空へ」は、1977年のシングル曲です。
youtubeの映像は当時のものではなく、妖精のようだったマキさんも風格のある素敵な熟女様になりましたが、ますます妖艶な魅力を漂わせています(笑)
ここまで読んでみて共感を感じた方、ぜひ、ヘッドホンを付けて、大音量で聞いてみて下さい。
ハードロックならではのカタルシスをぜひ味わってください!

「空へ」
http://www.youtube.com/watch?v=iWZ8gHdXhPA



今月のおすすめ曲 

pentangle1pentangle2



Sovay
Circle The Moon
ペンタングル


半年振りの更新となってしまいました。大変申し訳ありません。

1967年に英国で結成されたペンタングルは、ブリティッシュ・トラッドミュージックを代表するバンドとして有名です。
ボーカルのジャッキー・マクシーの声を聞いていると、英国がまだ深い森に覆われていた古代の世界、指輪物語のファンタジーの世界が広がっていきます。

当時の英国はキリスト教以前のケルト文化の時代で、「ドルイド」と呼ばれる司祭を中心に自然崇拝が行われていました。おそらく、精霊に囲まれた生活だったのでしょうね。ケルト文化やドルイド文化は、ヒーリングやセラピー、スピリチュアルの世界では大きなテーマの1つとなっています。

ペンタングルはケルトミュージック(ブリティッシュ・トラッド)とジャズ、ロックの融合を目指したバンドです。どうぞ彼らの世界をお楽しみ下さいませ。


Sovay
https://www.youtube.com/watch?v=SBXdyM1Unr0

Circle The Moon
https://www.youtube.com/watch?v=7CeoapCx-8M


ネイティブアメリカン トライバルダンス 

20131219
<出典>インディアンジュエリーショップ NIMA様より
http://yaplog.jp/nima-indian/archive/154


メンタルヘルスやヒーリング系、スピリチュアル系のセラピストにとって、ネイティブアメリカンの文化は身近なものといえます。セッションの際などに場を浄化するためのホワイトセージなどは、使っていないセラピストさんを探すほうが難しいかもしれません。彼らの聖地であるアリゾナ州のセドナ(パワースポットとして有名ですね)は、様々なジャンルのセラピストさんが訪れていますね(残念ながらぼくはまだなのです…)。

今日はネイティブアメリカン(プエブロ族)のトライバルダンスをご紹介します。
儀式の際に、精霊の姿を模してダンスを踊ることは、彼らにとってとても大切なものとなっています。彼らの精霊は、鹿やバッファロー、イーグルなどのすべての動物たち、立つ人たち(植物のこと)、石の人たち、母なる大地、父なる大空、祖父なる太陽、祖母なる月、空の世界、星の国、地下の住人たち、轟くものたち(雷、雨など)、二本足たち(人間のこと)など、すべての存在が精霊であり、「同胞」(All our relations)と考えています。この概念は「メディスンホイール」というネイティブの人にとっての魂のようなもので、とても面白いのですが長くなってしまうので、続きは後日にご紹介させていただきます。




朝日のあたる家 

20131117a


『ストロベリーフィールズ』などで知られる青春ファンタジー映画の名匠、太田隆文監督の最新映画、「朝日のあたる家」を見てきました。
ある平和な地方都市で起こった原発事故をテーマとしたフィクションで、実力派俳優による素晴らしい映画でした。感動のあまり泣いてしまいました。


20131117b


当日は監督の舞台挨拶があり、とても貴重なお話を伺うことができました!なんと上映終了後に、監督とツーショット!監督から、ウェブ掲載の許可をいただきました(^o^)v


東日本大震災によるメンタルヘルス不調として、急性ストレス障害・心的外傷後ストレス障害(PTSD)、不安障害などが報告されていて、とても多くの人がこの瞬間にも苦しんでおられます。実際に地震の被害や原発事故の被曝をしていなくても、テレビなどの報道に接することで症状が出ている人もいらっしゃいます。
父親(並樹史郎)がアルコールに徐々に依存していく様子は、どんなにしっかりした人間でも、状況によってはメンタルヘルス不調に落ち入ってしまう可能性があるのだということを、的確に描いているなと思いました。

今年の実写邦画のNo.1かも。。。ということでおすすめなのですが、実は上映映画館がとっても少ないのです。ぜひウェブサイトhttp://asahinoataruie.jp/index.htmlでご確認くださいませ。
(ちなみに福岡県は小倉コロナシネマワールドで11月29日までです。http://www.korona.co.jp/Cinema/kok/top.asp

ひかり祭り 

20131107a


今年もひかり祭りに参加してきました!

神奈川県の相模原市に、JR中央線の藤野という駅があります。駅からバスで15分ほどのところに牧郷小学校という森の中の廃校がありまして、毎年夏にとても素敵なアートと音楽のフェスティバルが行われています。今年は諸般の事情で10月開催となりました。ぼくは東京在住時代の第1回目からほぼ参加しておりまして、今回は博多から新宿まで高速バス、新宿からは中央線、というコースで現地入りしました。


20131107d20131107g


野外フェスは全国に様々ありますが、このフェスのすごいところは、会場の小学校や周りの森全体がパワースポットになっていることです。校庭の地面からはとても不思議なパワーが出ていたり、周囲の森には精霊がいっぱいいて、集まる人々と一緒になって楽しんでいたり。。。夜になると校庭の真上の空から天空のエネルギーがキラキラと、サーッと降ってくるのが、気の流れに敏感な人には感じられると思います。その気持ちの良いエネルギーに魅かれて、様々なアーティストやお客さんが全国から集まってきます。集まった人々のエネルギーと土地のエネルギーが作用して、さらに素敵な時間と空間が出来上がって、それをみんなで共有するという感じです。だれもが初対面から友達 ヽ(´▽`)ノ 会場までヒッチハイクしたり、されたりとか。会場にいるうちにいつのまにか「本来の素の自分」を取り戻し、身体の緊張がほぐれてきて、眠っていた(眠らされていた)感覚が気持ちよく解放されていくのがわかります。


20131107e20131107f


イケメン兄貴の作る本格パエリア。絶品。会場の電源は100%太陽光発電。森林セラピー、音楽セラピー、アートセラピー、パワースポットセラピー(?)を一度に体験出来るフェスティバル。東京からも近いです。来年の開催は未定ですが、興味のある方はぜひチェックされることをおすすめします。

ひかり祭り
http://hikarimatsuri.org/




話の話 

20131015a
20131025b


話の話(Tale of Tales)1979年
ユーリ・ノルシュテイン(ロシア)



ノルシュテイン監督は、世界で最も有名なアニメーション監督の一人です。
スタジオジブリの高畑勲監督とも親交があり、たびたび来日もされています。あの手塚治虫氏もファンで、サインを書斎に飾っていたそうです。

「話の話」は彼の代表作で、29分の短編ですが、ほんとうに涙が出るほど美しく、切なく、懐かしく、細やかな愛情に溢れた作品だと思います。
原題を直訳すれば「話たちの話」となりますが、この作品には明快なストーリーはありません。美しく切ない慈愛に満ちた映像詩であり、繰り返し見るたびに観客一人ひとりの心の中でストーリーが再構築されていくように感じます。見るたびに胸がいっぱいになります。

心が苦しいとき、心に汚れが溜まっているなと感じたとき、この作品をおすすめします。ほんとうに心が浄化されて清らかになりますよ。

youtubeに上がっていましたのでぜひ。(4分割されています)
http://www.youtube.com/watch?v=Tmcp4XNCWRY

泥染めセラピー 

20131014a


アートセラピー(芸術療法)の1つとして、草木染めが行われています。
前回はご自宅で手軽に出来る紅茶染めのお話をさせていただきました。
今回はいよいよ泥染めのご紹介です(^_^)v

泥染めは草木染めの一種で、大昔から世界中で行われてきた染色技法です。
まず、木や草の葉や実、樹皮などを煮出して染料液を作り、布地を入れて染めます。
次に、鉄分の多い泥の中で布地を揉み込むと、植物のタンニン成分と泥の中の鉄分が結合して発色します。これを媒染といいます。そうして出来上がった布地は植物と大地の精霊のパワーをたっぷりと吸収していて、とても素朴でナチュラルな風合いに仕上がります。化学的ではない「本物の色」なので、おだやかな色合いなのにとても存在感があって、身につけている人を霊的に守ってくれているような感じがします。
まさに泥染めセラピー!

上の写真は数年前の作品でして、手前はコナラの樹皮、後ろはヤシャブシの実を煮出して染色液に使いました。
泥は地元のものではなくて、鉄分の多い土をインターネットで探した結果、島根県の来待石(きまちいし)の粉を使いました。同じ土でも、植物が違うと色が変わります。そして同じ植物でも、土が違うと色が変わります。どのアートの分野もそうですが、泥染の世界もすごーく奥深くて、追求して行くと時間が足りなくなるのでツライです(笑)


20131014b


この写真はコナラの樹皮を剥いでいるところです。ちょっとヤラセっぽい写真です(笑)
実際の染色過程ですが、ご紹介するとかなり長くなってしまいますので、大変申し訳ありませんが今回は割愛させていただきますm(_ _)m
(ぜひ自分でもやってみたい!という方がいらっしゃいましたら、ウェブサイトのお問い合わせフォームからご連絡くださいませ)


紅茶染め 

紅茶染め1紅茶染め2



趣味で染色をやっております。
きっかけは奄美大島に観光でいったときの泥染め体験教室でした。
泥染めというのは、タンニン成分の多い植物で草木染めした衣類を、鉄分の多い泥に浸して発色させるという技法でして、日本に伝統工芸として現存しているのは、奄美大島の大島紬、八丈島の黄八丈、久米島の久米島紬だけのようです。

すみません、今回は泥染めではなくて紅茶染めです(^_^;) 
近所のスーパーで一枚80円のバンダナを発見!ブルーを2枚購入し、さっそく紅茶で染めてみました。以前に泥染めをしたTシャツの色が抜けてきたので、それも一緒に染めてみます。



<以下 メンタルサロントーチ流レシピです>

●染めるもの:バンダナ2枚とTシャツ1枚
●紅茶:120グラムくらい
●みょうばん(定着材):小さじ3〜4杯


①大きめの鍋に衣類が充分に浸る量のお湯を湧かし、紅茶とみょうばんをいれて20分くらい煮込みます。
②あらかじめ濡らしておいた衣類を入れ、時々撹拌しながら20〜30分くらい煮込みます。
③火を止めてフタを閉め、数時間(できれば一晩)置いておきます。
④よく洗って完成!



写真は染色後のものです。ちょっとわかりずらいですが、びっくりするくらいイイ感じに仕上がりました!
1枚80円とは到底思えない色彩と風合い、ちょっとこの高級感は文章で表現するのが難しいです(^_^)v
一緒に染めたTシャツも、泥染め+紅茶染めで深みのある風合いになりました!

草木染めや泥染めはメンタルヘルスのセラピーとしてとても効果的で、森林セラピーやアートセラピーのイベントで行われることが多いですね。ぼくも高齢者施設や障害者施設で行っておりまして、みなさんとてもほがらかな表情になられます。自然に感謝しながら自然素材と一緒に作品を作り上げて行くプロセスを通して、自然の優しく温かなエネルギーを受け取ることができます。完成作品は、ネイティブアメリカンの人々が言うところの「メディスン」(自分の魂の成長にとって大切な物や現象など)として、ぼくたちの魂を守ってくれる感じがします。

機会をあらためまして、泥染めについて書きたいと思います。