FC2ブログ

メンタルサロン トーチ

メンタルサロン トーチでは、電話・スカイプ・チャット・面談でのメンタルケアカウンセリングを承っております。ジャンルは問いません。どんなことでもお話ください。クライエント様のこころに寄り添い、受けとめて参ります。

だれも知らない小さな国 

20161215a20161214a


「二十年近い前のことだから、もうむかしといってもいいかもしれない。ぼくはまだ小学校の三年生だった。」

という書き出しを、懐かしく思い出される方もいらっしゃると思います。
作者の佐藤さとる氏は1928年生まれ。日本を代表する児童文学作家です。
「だれも知らない小さな国」は佐藤氏の代表シリーズ「コロボックル物語」の第1巻として、
1959年に発表されました。日本初のファンタジー小説と言われています。
佐藤氏はこの作品で国際アンデルセン国内賞・毎日出版文化賞を受賞され、
以来50年以上に渡って読み継がれている児童文学の傑作です。

佐藤氏は児童文学について、「ぼくはね、児童文学というのは子どもにも理解と鑑賞ができるように配慮した文学形式、と定義している。」とインタビューで述べられています。出版社の自己規制で小学校までの漢字しか使えなかったとしても、緻密さやリアリティを大事にすることで、読者の年齢を問わない魅力的な虚構世界を作り出されています。
そしてイラストは村上勉氏。50年以上、佐藤氏とタッグを組んで素敵なイラストを描かれています。

佐藤氏の発表したシリーズは5巻までですが、なんと昔からシリーズの大ファンだという作家の有川浩氏が続編を担当されることになり、2015年に続編第1巻が刊行されています(シリーズのファンにはニヤリとさせられる書き出しです)。

だれも知らない小さな国の人々は、いつでもきっとあなたの見方になってくれますよ。

コロボックル物語 特設ページ
スポンサーサイト